在籍先生のひとこと

水が毒というが、水を毒と思うな。水は薬という気になれ。水を薬という気になれば、腹の病気はさせない。水あたりということも言うな。水がなくては一日も暮らせまい。稲の一穂も五合の水をもって締め固めるというではないか。水の恩を知れ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする